検索対象
業界別
目的別
機能別

CRYPTO RELAY

CRYPTO RELAYは汎用機やUNIX、Windowsといった様々な異機種間でファイルの暗号化が実現出来る、暗号化ツールになります。

更新情報

特長

マルチプラットフォームに対応

CRYPTO RELAYに使用されているC4暗号技術は、様々なOS・言語環境・情報通信機器に対応できる暗号化テクノロジーです。 そのマルチプラットフォーム性を最大限に生かした暗号ツールが、CRYPTO RELAY(クリプトリレー)です。 現在、日常的に行われる磁気テープやネットワークなどでの重要データの交換に対して、セキュリティ保護を提供することができます。

強固な安全性と高速な暗号処理

ファイルが暗号化されているため、途中経路での紛失・盗難・盗み見などに対し、非常に有効な対策を打つことができます。

大量のデータを安全・安価に保護することが可能なソリューションです。

また、CRYPTO RELAYの応用として、暗号ファイルをテープなどにバックアップ保管といった利用も可能です。

しかも、C4暗号の高速性により、暗号処理時間も短く、運用時間への影響も少ないのが特徴です。

機能

機能概要

・コマンド /JCL等によるファイル暗号化

・汎用機、UNIX、Windows間での暗号互換

・復号鍵のエラーチェック、およびファイル破損(改ざん等を含む)チェック

構成

提供形態 インストールメディア:CD-R(VOS3・XSP・MSPはCMT)

価格

CRYPTO RELAY 基本パック(2LC)

 ¥900,000(税抜価格)

追加ライセンス(1LC)

・追加ライセンス(MF / OS400 版)
 ¥300,000(税抜価格)

・追加ライセンス(UNIX 版)
 ¥200,000(税抜価格)

CRYPTO RELAY for Windows(1LC)

 ¥100,000(税抜価格)

動作環境

対応OS 汎用機 : zOS /OS390 / VOS3 /MSP /XSP<br>ミドルレンジサーバ : OS400(i5OS)<br>HAサーバ : Non Stop Kernel<br>UNIX : AIX /Solaris /HP-UX<br>PC系 : Windows /Linux
暗号化対象ファイル 汎用機 : 順編成ファイル(固定長 /可変長)<br>ミドルレンジサーバ : 物理ファイル(固定長)<br>HAサーバ /UNIX /Windows : ファットファイル /順編成ファイル(固定長 /可変長)

サポート

技術サポート

・ 問合わせ対応(平日10:00~17:00)
  ※土日、祝日、年末年始休暇を除く。
・ 修正プログラムの提供
・ バージョンアップ版の優待購入
・ 追加ライセンスの優待購入(Windows版を除く)